第12回領域9若手奨励賞募集のお知らせ (終了)

日本物理学会では将来の物理学を担う優秀な若手研究者の研究を奨励し、
学会をより活性化するために若手奨励賞を設けています。
物理学会における発表、他の学会、国際会議での発表内容などを総合的に判断し、
優れた研究を行った若手研究者を表彰するものです。

この賞の受賞対象者は領域を基本とし、各領域の活性度(学会大会講演者数)に
応じて領域に受賞者数を割り当てられています。
領域9では、受賞者数の上限は2名で、第1回から第11回までで計26名の方々が受賞しました。

日頃物理学会で活躍されている若手の皆様におかれましては、自薦、他薦を問わず、
積極的にこの賞に応募していただきたくお願い申し上げます。
下記要領にて応募・推薦を受け付けていますのでふるってご応募・ご推薦下さい。

第12回若手奨励賞募集要領(詳細については、添付の規程・細則をご覧下さい。)

1. 受賞対象
1編または複数編の論文で公表された研究業績。
ただし、その研究内容(またはその一部)が、
日本物理学会領域9において登壇者として発表されていること。

2. 応募資格
1) 応募の時点で日本物理学会会員であること.
2) 原則として2017年4月1日現在において37歳以下であること。ただし、出産、育児休暇により
研究を中断するなどの事情がある場合は、年齢制限を39歳以下まで緩和することができる。
(注) 推薦者は同一の候補者を同じ年度に複数の領域に推薦すること、
同一の領域に複数名の候補者を推薦することは出来ない。
また、自薦の場合は同じ年度に複数の領域に応募することはできない。

3. 応募方法ならびに必要書類
1) 推薦書(添付Wordファイルのテンプレートをお使いください)に
必要事項を記入の上、領域副代表にメール送付する。
2) 上記1)を印刷したものに
  (a) 履歴書
  (b) 発表論文リスト
  (c) 対象論文(3編以内)のコピー
  (d) 学会発表の概要のコピー(数の制限なし)
 を加えたものの正本およびコピー5部を領域副代表に郵送する
(締切日必着。書類は返却しません)。

4. メール送付先
  sazaki@lowtem.hokudai.ac.jp (*メールのsubjectに「若手奨励賞推薦書」と明記)

5. 書類送付先
  〒060-0819
  北海道札幌市北区北19条西8丁目
  北海道大学低温科学研究所
  領域9副代表 佐魁仝�

6. 募集締め切り(提出期限) 
  2017年8月1日(火)(必着)

7. 授賞式・受賞記念講演
 第73回年次大会(2018年春 東京理科大学野田キャンパス)会期中

8. 参考情報
日本物理学会 若手奨励賞のサイト
http://www.jps.or.jp/activities/awards/wakate.html
領域9ホームページ
http://www.r9.div.jps.or.jp/index.html

  日本物理学会若手奨励賞受賞者 (PSJ Young Scientist Award)

第12回(2018年)授賞者

授賞式と受賞講演 未定
講演者(敬称略) 講演タイトル
佐 元
北大低温研
領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
黒田 健太
東大物性研
光電子分光を用 いたトポロジカル絶縁体におけるスピン偏 極表面電子とその光制御の研究
Chun-Liang Lin
東大新領域
Ag (111) 表面上に創成したシリセンの構造と電子状態に関する研究

第11回(2017年)授賞者

授賞式と受賞講演 2017年3月18日(土) 11:30-12:35 D42会場 第11回受賞者記念写真
講演者(敬称略) 講演タイトル
渡辺 聡
東大院工
領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
大 坪 嘉之
阪大生命
半導体表面に作製した特異な擬3次元及び擬1次元電子状 態の研究
南谷 英美
東大院工
表面におけるスピン及びフォノン由来の多体効果に 関する理論的研究

第10回(2016年)授賞者

授賞式と受賞講演 2016年3月21日(月) 15:30-16:35 AJ会場 第10回受賞者記念写真
講演者(敬称略) 講演タイトル
吉信 淳
東大物性研
領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
塚 原 規志
東大新領域
表面に吸着した 分子のスピン状態の研究
山崎 詩郎
東工大総理工
走査プローブ顕 微鏡を応用した原子スケールの電気伝導と原子スイッチ

第9回(2015年)授賞者

授賞式と受賞講演 2015年3月23日 15:25-16:30 AS会場
講演者(敬称略) 講演タイトル
平山博之
東工大院理工
領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
高 山 あかり
東大院理
スピン分解光電 子分光によるV 族半金属薄膜におけるラシュバ効果の研究
八田 振一郎
京大院理
結晶表面におけ る低次元電子系の物性研究:電荷密度波相転移およびラシュバ効果

第8回(2014年)授賞者

授賞式と受賞講演 2014年3月29日 15:50-17:00 AQ会場
講演者(敬称略) 講演タイトル
須藤彰三
東北大院理
領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
白 澤 徹郎
東大物性研
埋もれた界面の 原子配列決定による超薄膜構造物性の研究
宮本 幸治
広大放射光
スピン分解光電 子分光を用いたディラック表面電子系の研究

第7回(2013年)授賞者

授賞式と受賞講演 2013年3月27日 16:00-17:10 XZA会場
講演者(敬称略) 講演タイトル
長谷川修司
東大理
有賀哲也
京大理

領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
矢 治 光一郎
東京大学物性研究所軌道放射物性研究施設
半導体上でスピ ン分裂した金属表面状態の発見
Large Rashba spin splitting of a metallic surface state band on a semiconductor surface, K.Yaji, Y. Ohtsubo, S. Hatta, H. Okuyama, K. Miyamoto, T.i Okuda, A. Kimura, H. Namatame, M. Taniguchi, T. Aruga., Nature Communications 1, 17 (2010).
吉田 靖雄
東京大学物性研究所
スピン偏極走査 トンネル顕微鏡による単一原子のスピンと磁気相互作用の観測と制御
Imaging and manipulating the spin direction of individual atoms, David Serrate, Paolo Ferriani, Yasuo Yoshida, Saw-Wai Hla, Matthias Menzel, Kirsten von Bergmann, Stefan Heinze, Andre Kubetzka, Roland Wiesendanger, Nature Nanotechnology, Vol. 5, No. 5, p.350 (2010).
Conical Spin-Spiral State in an Ultrathin Film Driven by Higher-Order Spin Interactions, Y. Yoshida, S. Schroeder, P. Ferriani, D. Serrate, A. Kubetzka, K. von Bergmann, S. Heinze, R. Wiesendanger, Physical Review Letters Vol. 108, No. 8. p.087205 (2012).
Spin friction observed on the atomic scale, Boris Wolter, Yasuo Yoshida, Andre Kubetzka, Saw-Wai Hla, Kirsten von Bergmann, Roland Wiesendanger, Physical Review Letters Vol. 109, No. 11, p.116102 (2012).

第6回(2012年)授賞者

授賞式と受賞講演 2012年3月25日 15:50-17:00 CC会場
講演 者(敬称略) 講演タイトル
有賀 哲也
京都大学

領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
木 村 勇気
東北大学大学院理学研究科地学専攻
メゾスコピック 領域の物性を考慮した宇宙ダストの結晶成長
Spontaneous Mixing of Binary Alkali Halide Crystal by Successive Evaporation, Y. Kimura, Y. Saito, T. Nakada, C. Kaito, Physica E, 13, (2002) 11-23」
Is the 21-μm feature observed in some post-AGB stars caused by the interaction between Ti atoms and fullerenes?, Y. Kimura, J. A. Nuth III, F. T. Ferguson, Astrophys. J. Lett., 632, (2005) L159-L162
Interferometric in-situ observation during nucleation and growth of WO3 nanocrystals in vapor phase, Y. Kimura, H. Miura, K. Tsukamoto, C. Li, T. Maki, J. Crystal Growth, 316 (2011) 196-200」
山田 豊和
千葉大学大学院融合科学研究所ナノサイエンス専攻
スピン偏極型ト ンネル顕微鏡によるナノ・原子磁性体の電子スピン現象の解明
Magneto-electric coupling at metal surfaces, L. Gerhard, T. K. Yamada, T. Balashov, A. F. Takacs, M. Daena, S. Ostanin, A. Ernst, I. Mertig. and W. Wulfhekel, Nature Nanotechnology, 5, 792-797 (2010)
Spin configuration in a frustrated ferromagnetic/antiferromagnetic thin-film system, T. K. Yamada, E. Mart' ?nez, A. Vega, R. Robles, D. Stoeffler, A. L. V'azquez de Parga, T. Mizoguchi, and H. van Kempen, Nanotechnology, 18, 235702 (2007)
Observation of Spin-Polarized Surface States on Ultrathin bct Mn(001) Films by Spin-Polarized Scanning Tunneling Spectroscopy, T. K. Yamada, M. M. J. Bischoff, G. M. M. Hijnen, T. Mizoguchi, and H. van Kempen, Phs. Rev. Lett., 9, 056803 (2003)

第5回(2011年)授賞者

授賞式と受賞講演 2011年3月24日 13:30-15:10 RC会場
講演 者(敬称略) 講演タイトル
馬 越 健次
兵庫県立大学

領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
小 野 倫也
大阪大学大学院工学研究科精密科学・応用物理学専攻
第一原理に基づ くナノ構造の輸送特性計算
First-principles study of leakage current through a Si/SiO2 interface, Phys. Rev. B, 79(19), 195326 1-5, (2009)」
First-Principles study of Electron Conduction Properties of C60 Bridges, Tomoya Ona and Kikuji Hirose, Phys. Rev. Lett., 98(02), 026804 1-4, (2007)
First-Principles Study of Electron Conduction Properties of Helical Gold Nanowires, Tomoya Ono and Kikuji Hirose, Phys. Rev. Lett., 94(20), 206806 1-4, (2005)
岡 林 則夫
東京工業大学応用セラミックス研究所
アンカンチオー ル単分子膜に対する非弾性トンネル分光
Inelastic tunneling spectroscopy of alkanethiol molecules: high resolution spectroscopy and theoretical simulations, Norio Okabayashi, Magnus Paulsson, Hiromu Ueba, Youhei Konda, and Tadahiro Komeda, Phys. Rev. Lett. 104, 077801 (2010)
Inelastic electron tunneling spectroscopy of an alkanethiol self-assembled monolayer using scanning tunneling microscopy, Norio Okabayashi, Youhei Konda, and Tadahiro Komeda, Phys. Rev. Lett. 100, 217801 (2008)
Site Selective Inelastic Electron Tunneling Spectroscopy Probed by Isotope Labeling, Norio Okabayashi, Magnus Paulsson, Hiromu Ueba, Youhei Konda, and Tadahiro Komeda, Nano Lett. 10, 2950 (2010)
深 谷 有喜
日本原子力研究開発機構 先端基礎研究センター
反射高速陽電子 回折による最表面構造に関する研究
Dynamics of adatoms of the Si(111)-(7×7) surface studied by reflection high-energy positron diffraction, Y. Fukaya, A. Kawasuso, K. Hayashi, and A. Ichimiya, Phys. Rev. B 70(24), 245422 1-5 (2004)
Reflection high-energy positron diffraction study on Si(111)-√3×√3-Ag surface, Y. Fukaya, A. Kawasuso, and A. Ichimiya, Phys. Rev. B 75(11), 115424 1-7 (2007)
Inelastic scattering processes in reflection high-energy positron diffraction from a Si(111)-7×7 surface, Y. Fukaya, A. Kawasuso, and A. Ichimiya, Phys. Rev. B 79(19), 193310 1-4 (2009)

第4回(2010年)授賞者

授賞式と受賞講演 2010年3月20日 11:20-12:30 GL会場
講演 者(敬称略) 講演タイトル
小 森 文夫
Fumio KOMORI

領域9若手奨励賞選考報告および授賞式
中 川 剛志
Takeshi NAKAGAWA
閾値光電子磁気 円二色性による磁性薄膜の研究
"Two Photon Potoemission Magnetic Circular Dichroism and Its Energy Dependence" T. Nakagawa, I. Yamamoto, Y. Takagi, K. Watanabe, Y. Matsumoto and T. Yokoyama, Physical Review B, Vol.79, Issue 17, pp.172404-1-4 (2009).
"Measurements of threshold photoemission magnetic dichroism using ultraviolet lasers and a photoelastic modulator" T. Nakagawa, T. Yokoyama, M. Hosaka, and M. Katoh, Review of Scientific Instruments, Vol.78, Issue 2, pp.023907-1-5 (2007).
"Magnetic Circular Dichroism near the Fermi Level" T. Nakagawa and T. Yokoyama, Physical Review Letters, Vol.96, Issue 23, pp.237402-1-4 (2006).
小 倉 正平
Shohei OGURA
金原子の表面拡 散とナノ構造形成
"Terrace diffusion of Au atoms on Ir(111)" S. Ogura and K. Fukutani, Journal of Physics: Conference Series, Vol.100, Issue 7, pp.072003-1-4 (2008).
"Structure of gold thin films grown on Ir(111)" S. Ogura, K. Fukutani and M. Okada, Topics in Catalysis, Vol.44, No.1-2, pp.65-71 (2007).
"Dendritic to non-dendritic transitions in Au islands investigated by scanning tunneling microscopy and Monte Carlo simulations" S. Ogura, K. Fukutani, M. Matsumoto, T. Okano, M. Okada and T. Kawamura, Physical Review B, Vol.73, Issue 12, pp.125442-1-10 (2006).

第3回(2009年)授賞者

授賞式と受賞講演 2009年3月28日 10:30-12:10 RD会場
講演 者(敬称略) 講演タイトル
上 羽 牧夫
Makio UWAHA

領域9若手奨励賞選考経過報告及び授賞式
杉 本 宜昭
Yoshiaki SUGIMOTO
原子間力顕微鏡 を用いた単原子の元素識別法と室温での原子操作の開発"Mechanism for room-temperature single-atom lateral manipulations on semiconductors using dynamic force microscopy" Y. Sugimoto, P. Jelinek, P. Pou, M. Abe, S. Morita, R. Perez, and O. Custance, Physical Review Letters, Vol.98, No.10, pp106104-1-4 (2007).
"Chemical identification of individual surface atoms by atomic force microscopy" Y. Sugimoto, P. Pou, M. Abe, P. Jelinek, R. Perez, S. Morita, and O. Custance, Nature, Vol.446, Issue 7131, pp64-67 (2007).
"Atom inlays performed at room temperature using atomic force microscopy" Y. Sugimoto, M. Abe, S. Hirayama, N. Oyabu, O. Custance, and S. Morita, Nature materials, Vol.4, Issue 2, pp156-159 (2005).
平 原 徹
Touru HIRAHARA
ビスマス超薄膜 のスピン偏極表面電子状態、電気伝導特性に関する研究
"Role of Spin-Orbit Coupling and Hybridization Effects in the Electronic Structure of Ultrathin Bi films" T. Hirahara, T. Nagao, I. Matsuda, G. Bihlmayer, E. V. Chulkov, Yu. M. Koroteev, P. M. Echenique, M. Saito, and S. Hasegawa, Physical Review Letters 97, 146803(2006).
"Quantum well states in ultrathin Bi films: Angle-resolved photoemission spectroscopy and first principles calculations study" T. Hirahara, T. Nagao, I. Matsuda, G. Bihlmayer, E. V. Chulkov, Yu. M. Koroteev, and S. Hasegawa, Physical Review B 75, 035422(2007).
"Direct observation of spin-splitting in bismuth surface states" T. Hirahara, K. Miyamoto, I. Matsuda, T. Kadono, A. Kimura, T. Nagao, G. Bihlmayer, E. V. Chulkov, S. Qiao, K. Shimada, H. Namatame, M. Taniguchi, and S. Hasegawa, Physical Review B 76, 153305 (2007).
松 井 文彦
Fumihiko MATSUI
2 次元光電子分光による表面の原子軌道解析
"Atomic-layer resolved magnet and electronic structure analysis of Ni thin film on a Cu(001) surface by diffraction spectroscopy" F. Matsui, T. Matsushita, Y. Kato, M. Hashimoto, K. Inaji, F. Z. Guo, H. Daimon, Phys. Rev. Lett., 100, 207201 (2008).
"Site-Specific Orbital Angular Momentum Analysis of Graphite Valence Electron Using Photoelectron Forward Focusing Peaks" F. Matsui, T. Matsushita, Y. Kato, F. Z. Guo, H.Daimon, J. Phys. Soc. Japan, 76, 013705 (2007).
"Atomic-orbital analysis of the Cu Fermi surface by two-dimensional photoelectron spectroscopy" F. Matsui, H. Miyata, O.Rader, Y.Hamada, Y.Nakamura, K.Nakanishi, K,Ogawa, H. Namba, H.Daimon, Phys. Rev. B, 72, 195417-1-5 (2005).

第2回(2008年) 授賞者

授賞式と受賞講演 2008年3月26日 10:45 RJ会場

金  有洙
Yousoo KIM
「走査トンネル 顕微鏡による単一分子化学反応と分子運動制御の研究」

「"Single-molecule reaction and characterization by vibrational excitation",Phys.Rev.Lett.89:126104(2002)」
「"Excitation of molecular vibrational modes with inelastic STM process: Excitation through action spectra of cis-2-butene on Pd(110)",Phys.Rev.Lett.95:246102(2005)」
「"Lateral hopping of molecules induced by excitation of internal vibration mode",Science 295:2055(2002)」
高木 康多
Yasumasa TAKAGI
「走査トンネル 顕微鏡を用いたキャリアー注入によるGe(001)表面構 造変化の研究」

「"Local and reversible change of the reconstruction on Ge(001) surface between c(4x2) and p(2x2) by scanning tunneling microscopy",J.Phys.Soc.Jpn.72:2425(2003)」
「"Reversible local-modification of surface structure on clean Ge(001) by scanning tunneling microscopy",Surface Sci.559:1(2004)」
「"Superstructure manipulation on a clean Ge(001) surface by carrier injection using an STM",Phys.Rev.B75:115304(2007)」

第1回(2007年) 授賞者

受賞講演 2007年9月24日 10:45 XB会場

講演者(敬称略) 講演タイトル
馬越健 次
Kenji MAKOSHI
領域9における第1回若手奨励賞受賞者選考経過
木口学
Manabu KIGUCHI
金属表面を利用した新規ナノ構造の作製および新たな表面・界面物性の探索
武田さ くら
Sakura TAKEDA
Si反転層中の価電子サブバンド分散の実験的決定
松田巌
Iwao MATSUDA
表面超構造のフェルミ面、電子輸送現象、そして量子薄膜の電子物性制御